発音矯正をしたい!そんなあなたにおススメの英語発音専門スクールとは

英語発音専門オンラインスクールならドクターDイングリッシュ

ドクターDイングリッシュは、英語の発生とリズムに焦点を当てたオンラインスクールで、日本では数少ない発音専門のスクールとして知られています。特徴は、外国人のネイティブスピーカーと会話するのではなく、英語と日本語の発音感覚の違いをきちんと解説できる日本人専属トレーナーとのレッスンであることです。スカイプかzoomを利用し、完全プライベートでみっちり発音とリズムを鍛えていきます。だからこそ理解し、身につくことができます。受講料も他のスクールと比べると高めですが、本当に高いレベルの英語を話す必要に迫られた人から、根強く支持されているスクールなのです。

発音を徹底的に学べる

ドクターDイングリッシュでは、英語の発音を徹底的に学びます。英単語の発音だけでなく、英語のフレーズや文章単位で、ネイティブにも通じるイントネーション、アクセントが身に付くよう、徹底したトレーニングが行われます。

発音の矯正コースを提供するスクールはほかにもありますが、声の出し方つまり発声法から矯正するコンセプトを掲げているのはドクターDイングリッシュだけです。英語らしい声の出し方を徹底的に覚え、それを基本に発音を整えていくのです。

ドクターDイングリッシュのウェブサイト上をみると、レッスンの様子を再現した4分ちょいの動画が公開されています。こちらを見るとイメージがわくと思います。ぜひチェックしてみてください。

ネイティブ英語を聞き取れる

ドクターDイングリッシュのレッスンを受けると、ネイティブ英語が聞き取れるようになります。

一つのレッスンは50分です。レッスンとレッスンの間は2日から1週間ほどの期間をあけます。その間まずは自分で徹底的に復習し、次のレッスンでチェックを受けます。このサイクルを10回繰り返していくと、英語の映画やドラマが聞き取りやすくなります。

完全プライベートレッスンを採用

ドクターDイングリッシュでは、一部のオンライン英会話スクールのように、グループレッスンは採用していません。完全プライベートレッスンです。

レッスン時間の50分はオンライン英会話スクールの倍の時間です。通常のスクールの時間に慣れている人からすると相当長く感じると思いますが、集中してレッスンに臨めば、徹底的に鍛えてもらうことができます。レッスンが終わったら、発音の問題もクリアになるでしょう。

専属トレーナーがつく

ドクターDイングリッシュでは、受講生に専属トレーナーがつき、すべてのレッスンを管理します。上達状況や発音が苦手な部分も明確になり、効果的効率的に発音を改善していくことができます。毎回別のトレーナーを予約するわけではなく、専属トレーナーということがポイントですが、もちろん変更することも可能です。

誰にでも通じる英語が話せるようになる

日本人の英語がなぜ外国人に通じないか。これは永遠に議論が続くテーマです。学校の英語の授業でも徹底して教えているかというと、疑問が残ります。

そもそもの話として、英語は、お腹から押し出された息を使い摩擦音を作ったり、唸り声をあげたりします。

一方、日本語そのものは、世界中の言語の中でもかなり特殊な発声法で話されており、腹式呼吸で話す話し方ではないため、英語を話しても通常の英語とは似て非なる話し方になってしまうからなのです。外国人に通じる英語を話すためには、この点を理解し、その違いをしっかり体に叩き込んで、発音を身に着けていく必要があります。ドクターDイングリッシュでは、このような基本を踏まえたトレーニングを行い、英語力を身に着けていきます。

発音の仕組みを深く理解できるようになる

発音の仕組みが深く理解できるようになると、英語の発音能力がぐんぐん高くなっていきます。そうなるとネイティブの英語も聞き取れるようになり、映画やニュースを自然と理解できるようになっていきます。

ドクターDイングリッシュなら2つのコースを選択できる

ドクターDイングリッシュでは、発音コースと発音動画コースの二つのコースがあります。発音コースは、専属トレーナーによるオンラインレッスンです。発音動画コースは、予約待ち3か月間の大人気講師Dr.Dのレッスン動画を受けることができるコースです。

以下それぞれの概要と特徴について説明していきます。

発音コースとその特徴

発音コースは、次のような流れで進めていきます。

50分の体験レッスンで、発音トレーニングの効果を感じたら担当トレーナを決め、そこで入会します。

専属トレーナーが決まったら50分間のプライベートレッスンを行います。カリキュラムに沿って発音の仕組みを理解し、何度も繰り返すことで体で覚えていきます。スピーチを題材にした練習も可能です。

レッスンが終わったら課題メールが送付され、これをチェックして復習します。基本のカリキュラムは動画レッスンでいつでも予習復習が可能です。スマホを使えば外出先でいつでも練習できます。

基本カリキュラムの中で、スペルと発音の関係性を一通り確認し、発声トレーニングを行い、リズム感覚を養うトレーニングを行います。つながった状態で発音される英語フレーズを理解し、ネイティブ英語を聞き取れるようにします。そして子音と母音の違いを理解し、イントネーションの強弱のバランスを身に着けます。ここまでのトレーニングが出来たらストーリーの音声練習とスピーチを使った練習を行い応用力を身に着けていきます。これが発音コースの特徴です。

発音コースの料金は共通で教材費5000円、あとはトレーナーのレベルによって金額が違います。最も最上位のマスターに10回レッスンを受けると80,000円、その下のシニアが60,000円、認定トレーナーのレッスンが50,000円となっています。20回コースだと5,000円の入会金が無料です。他のスクールと比べて1回当たりの単価が高めですが、評判の高さからすると、十分納得されるだけの内容のレッスンなのでしょう。

発音動画コースとその特徴

発音動画コースは、予約待ち3か月の大人気講師Dr.Dのレッスン動画を受けることができるコースです。フォニックス、腹式発声、リズム、リンキング、子音、母音、イントネーションのカリキュラムを5分動画×100本という大量の教材で学ぶことができます。

このコースでは、MP3のオーディオがついた公式テキスト(PDF)をダウンロードして利用します。また、テキストのアップデートがあったらメールで連絡が来ます。

さらに各動画及びテキストについて、Dr.Dに直接質問することができるシステムです。

プランとしては、テキストのみのと、動画のみ、そして両方使える会員の三つが用意されており、料金もテキスト会員だと一括15,000円で、動画会員だと月額2500円から始めることができます。

他にもある発音矯正に特化したコースのあるオンライン英会話サービス

ここまでは、ドクターDイングリッシュについて詳しく紹介してきました。ほかのオンライン英会話スクールの中にも数少ないですが、発音矯正を目的としたトレーニングコースを提供しているスクールもあります。ここでは代表的なスクールを紹介したいと思いますので、発音矯正を考えている方はコース選択の参考にしてください。

e英会話(発音矯正コース)

e英会話は、オリコン実施の顧客満足度ランキングのオンライン英会話部門で、2017年度に1位を獲得したほど高いレベルが評価されている英会話スクールです。ここも多くのコースを提供していますが、発音矯正コースもあります。

発音矯正コースでは、オリジナルテキストを使用し、多数の単語の発音を練習することで、きちんとした発音ができることを目指しています。

期間の目安としては、1週間に4回(8コマ)授業を取ると、だいたい2か月弱で修了です。このカリキュラムを修了する頃には、英語を話すときに発音の悪さを気にせず、自信をもって会話できるようになっていることでしょう。

カリキュラム内容は、子音の発音1が全12回、子音の発音2が全12回、二重母音が全12回、母音の発音が全7回です。

発音矯正トレーニング「実践発音」があるネイティブキャンプ

ネイティブキャンプには発音矯正を目的とした実践発音コースがあります。これは単語単位で発音を矯正するものではなく、文章の中で発音を直していくオンラインコースです。

文章の中で一つ一つの発音が崩れず通じる発音になるよう、苦手な発音を丁寧に指摘するものです。

レッスン中で登場する模範発音は、ネイティブスピーカーが読み上げます。これをしっかり聞いて真似することで、自然なイントネーションが身に付きます。このレッスンでは音のつながりの練習もあり、これらを意識しながら読むことができると、リスニング能力のアップにつながるのです。

1回のレッスンで行われるトレーニングは、5段階に分かれており、段階ごとに講師が発音の誤りを指摘し、正しい発音を2度繰り返し練習します。まずは自分なりに読み上げ、次に模範音声を一文ずつ聞き真似てみて、そして模範音声を全文聞いて真似し、制限時間内にクリアできるようできるだけ早いスピードで、最後は模範音声に自分の声をかぶせて練習します。

レッスン全体の様子がネイティブキャンプのウェブサイト上で動画で公開されており、こちらを見れば雰囲気がつかめます。

まとめ

世界中で多くの人が英語を話す時代ですが、やはり英語圏やヨーロッパなどでは、正しい発音とリズムで英語を話せる人であれば、一定の教養がある信頼できる人という好印象を持ってもらえるという現実もあるようです。海外赴任、留学、交渉事など、高いレベルで英語を話すことが求められる人には、話す量をこなして英語に慣れるだけでなく、発音とリズムを基礎からしっかり学ぶことが必要になります。

そのような需要にこたえるオンラインスクールが存在することは、私たちにとっても心強いことですね。話すことにある程度自信が持てるようになったら、ぜひ、ここで紹介したようなサービスを利用し、きれいでわかりやすい英語を話すよう取り組んでみてくださいね。