上級者向けのオンライン英会話を紹介!

スピーキング力に不安の残る上級者にはレアジョブ

まず紹介したいのがレアジョブです。レアジョブは、オンライン英会話業界シェア1位を誇っています。累計会員数は70万人超え。フィリピン大学出身者を中心に構成される講師が5,000名、レッスン回数は3,000万回以上と業界内において圧倒的な存在感があります。2019年7月現在、業界で唯一上場企業が運営しており、信頼性も抜群です。レアジョブのサービスは、既に2,100社以上の企業や教育機関が導入しています。日本人によるWEBカウンセリングなど学習サポート体制も充実しており、利用者満足度も非常に高いようです。イード・アワード2017英会話スクールオンライン英会話部門において最優秀賞に選定されるなど、レベルの高さが裏付けられています。また、講師の採用率も1%程度と厳しく選抜されています。

上級者向けとしては、ビジネス英会話コースがあります。正確性と流暢さを重視しており、徹底した間違いの修正により、個々人のスピーキング力を確実に高めていく点が他のスクールとの違いです。このため、このコースでは受講料が少し高めに設定されています。レアジョブでは英語レベルが細かく設定されており、このトレーニングは「レアジョブレベル3以上」でないと受けることができません。すべてのトレーニングを受けると、500レッスン受講することになります。このような徹底トレーニングにより、スピーキング力を高めていきます。

ビジネス英語を身に着けたい上級者にはビズメイツ

ビジネスで通用する実践レベルのスピーキング力を身に着けたい上級者には、ビズメイツがお勧めです。ビズメイツのサービスは、ビジネス英語に特化しており、「ビジネスに必要な5つの素養を高める」英会話プログラムが提供されています。英語力のほかに必要な要素、すなわち「効果的なコミュニケーションスキル」、「異なる文化や価値観を受け入れるマインド」、「周囲を巻き込んで進める力」、「信頼関係を築くための人間性」といった素養を身に着けながら、実際のビジネスで成果を出せる力を磨いていくカリキュラムや教材が用意されています。毎日1回25分の標準的なコースでも月額12,000円と、他サービスと比べて少し割高です。しかし無料体験レッスン受講者の6割以上が有料会員に登録していることから、高い品質が評価されていることがうかがえるでしょう。講師の選抜率1%とレッスンの品質に対する相当なこだわりが見えます。また、限られたレッスン時間で、何をどのような順番で進めるか細かく分けられており、体系化・システム化された効率よいレッスンも特徴的です。さらに予習復習のためにオリジナルのビデオレッスンが用意されており、こちらも充実した内容になっています。   

幅広いシチュエーションでのスピーキング力をアップしたい上級者にはDMM英会話

ビジネスに限らず、社会問題や文化芸術、趣味など幅広い分野の話をできるようになりたいのなら、DMM英会話をおすすめします。DMM英会話の最大の特徴は、ネイティブスピーカーを含めヨーロッパやアフリカなど世界100か国以上6,500人の講師によるレッスンです。英語は世界共通語であり国ごとに微妙に話す英語に特徴がありますので、DMMではグローバルな英語レッスンを受けられることになります。しかも24時間予約可能であり、1レッスン当たり124円から受講可能なのでとてもリーズナブルです。さらに有料会員は、国内ユーザー200万人以上の有名英語学習アプリiKnow!のすべてのコンテンツを無料で使えます。

DMMのレッスンはレベルが1から10まで設定されており、上級者向けはレベル7~10までのレッスンが用意されています。レベル10では外資系の会社で英語を流ちょうに使える状態を目指していますが、レベル7でもたいがいのディスカッションができる状態になります。公開されている教材データを見る限りではよく考えて作成されており、丁寧に学習すればさらなる上級レベルのスピーキング力の習得が期待できます。ただし教材内容がとても充実しているため、一つの教材を25分間で終わらせることは難しいかもしれません。

上級者がオンライン英会話を活用する4つのメリット

上級者がオンライン英会話を活用するメリットは、大きく分けて4つほどにまとめることができます。選ぶ際の参考になるよう、具体的に見ていきたいと思います。

英会話教室よりも格安な料金で英会話を学ぶ機会を得られる

オンライン英会話サービスは普通の英会話教室よりもかなり安いコストで、同レベル以上の内容のマンツーマンレッスンを提供できるのがメリットです。通学型の大手英会話スクールなら月4回で1万~1万6千円くらいが相場ですが、オンライン英会話スクールなら1レッスン100円台の設定もあります。レッスンの回数やレベルによっても違いますがこの値段でマンツーマンレッスンが行えて、毎日1回ペースでレッスンを受けられることはとても魅力的でしょう。また上級者向けビジネス英会話コースだと、月1万円くらいで25分のレッスンを毎日受けることができ、作文の添削までしてくれます。

自分が利用したいときに利用できるから便利

通常の英会話学校との最大の違いは、レッスン可能な時間帯です。早朝から深夜まで場合によっては真夜中でも、都合に合わせてレッスンを予約できる便利さは英語で仕事をするような上級者にとっては大きなメリットではないでしょうか。仕事で深夜に帰宅しても受講できますし、日中でもお昼休みのようなスキマ時間で受講可能です。通学型のレッスンではこのように柔軟に受講するのは難しいでしょう。

自分のレベルに合わせて強化ポイントを指定できるから効果的

上級者向けに設定されたレッスンやコースは受講者が強化したいポイントは発音なのか・文法なのか・それとも表現なのか・説得力なのか等といったことや、英語で自由に話せるテーマを増やしたい・こういう分野を絞って強化したいというリクエストに対しても答えてくれることが多いようです。また、その目的に答えられるようなレッスンプログラムが用意されています。だから実力を効果的に伸ばすことが可能です。

一方、初心者コースは話す量を重視し、英語を話すことに慣れることが目的なのでどこかのスキルを強化するといったきめ細かな部分は後回しになります。このあたりが大きな違いです。

厳選された有能な講師陣しかいないので質の高い講義が受けられる

上級者向けコースだと、それに見合った高いレベルの厳選された講師が割り当てられています。だから質の高い講義を受けることができます。

オンライン英会話スクールを運営する会社側でも、講師の採用・育成には相当のコストをかけているようです。上級向けコースを提供するスクールでは数あるスクールの中から受講生に自分のスクールを選んでもらうため、最低でも英語教育に関する有資格者であること。これに加えて出身国の有名大学の卒業生や、大手企業勤務経験者・法律・財務・経営などの有資格者など、受講生のバックグラウンドや幅広い職業に対応できる講師をそろえています。甲乙つけがたいほど、どこのスクールもレベルが高いです。

他にもたくさんある上級者向けのオンライン英会話サービス

すでに3つの上級者向けのオンライン英会話サービスを紹介しましたが、ほかにも実は類似のサービスはたくさんあります。これらの中から特にレベルの高いと評価の高いスクールのサービスを3つ紹介します。

vipabc(ブイアイピーエービーシー)

vipabcは、2016年にサービスが始まった新しいオンライン英会話スクールですが、累計レッスンがすでに1000万以上、法人契約先400社以上と、急成長中のサービスで、通学とオンラインの良い点を組み合わせたスクールを目指しています。

講師は2万人以上、全員が英語教員資格保有者、国籍は80か国以上です。独自の学習システムを用いた高品質レッスンは24時間365日受講可能で、基本単位は45分と長めに設定されています。授業内容は録画可能で、あとから復習でき、講師からフィードバックも受けられます。

ほかのスクールとの違いは、受講回数やプランにもよりますが、2,000円から3,000円程度という10倍程度の価格設定です。さらに、20万通り以上の教材から、受講生の目的に応じオーダーメイドの授業をAIを活用して自動生成するシステムがあります。安心のサポートシステムもあります。レッスン中の技術トラブル対応、専属の語学コーディネーターによるアドバイス、そのほかの案件に対応するカスタマーサポート、という手厚いサポート体制があります。

受講頻度に応じて3つのプランがあり、購入したポイント内でレッスン内容を自由に選べる「楽々プラン」、少人数レッスンとレクチャーを組み合わせる「セットプラン」、90日間の短期集中で受け放題の「短期集中プラン」です。

EFイングリッシュライブ

EFイングリッシュライブは、英国ケンブリッジ大学との共同開発によるプログラムが特徴で、世界最大級の民間語学教育機関のEFグループ提供のオンライン英語学習サービスです。本拠はスウェーデンにあります。24時間レッスン可能で、マンツーマン、グループレッスンの両方があります。なおそれだけでなく、自己学習用オンライン教材がとても充実しています。標準的な受講料で、マンツーマンレッスンを月8回まで受けることができるのはうれしいですね。

講師は2,000人以上、世界中に2,000万人以上の個人、1500社以上の法人が導入しています。1,500時間以上もあるオンライン教材の品質が素晴らしく、動画のレベルも非常に高いです。中でもすごいのは、ライティング教材の存在です。オンライン教材のプログラムにはライティングのタスクがあり、丁寧な添削を受けることができます。

ジオスオンライン

ジオスオンラインは、他の英会話スクールと違う大きな特徴があります。それは、あの有名な英会話スクール最大手のNOVAグループのジオスが運営するオンライン英会話であることです。講師はNOVAの認定制度に合格し、厳しい研修を受けた講師陣で、レッスンも自宅等ではなくオフィスに出勤して提供されるなど、高い品質のレッスンを実現しています。

上級者向けにおすすめなのが、ビジネスコースです。一般的なビジネスの場面で通用する基礎力のほか、ディスカッションできる力を身につけるレッスンも充実しており、海外出張や社内での英語公用化に対応しなければならない方でも、自信を持っておすすめできます。

まとめ

さあ、この記事では主に上級者向けのオンライン英会話に絞ってそのサービスをご紹介してきました。どのスクールもサービスの品質にはそれほど大きな差はありませんが、システムや授業の流れと中身は大きく異なります。実際にお金を払う前に無料体験レッスンを受けて、自分にあうかどうか確かめてみるとよいでしょう。講師との相性やレッスンのレベルを受講料を照らし合わせながら、複数のサービスをよく吟味してくださいね。