3ヶ月の留学で英語力はどれくらい上がる?費用や上達のポイントも解説

いざ留学で本格的に英語学習に取り組もうと思っても、その期間や効果について不安に感じていることはありませんか?短期留学で英語上達を目指すには、いくつかのポイントを押さえなければなりません。

ここでは、3ヶ月の留学で目指せる英語力短期留学での英語を上達させるポイントなども紹介していきます。では、さっそく見ていきましょう。

3ヶ月の留学で英語力はどのくらい上がる?

3ヶ月で伸ばせる英語力については大きく分けて2つ。それは、日常会話TOEIC・TOEFL対策の英語です。

日常会話の英語力

一般的に3ヶ月の留学では、大学に通い現地の学生と一緒に授業を履修するということはできません。したがって、語学学校に通い英語を集中的に学び、それに加えてボランティアインターンシップなどの実践的な経験を通して、英語力の向上を目指すことになります。

日常会話については、3ヶ月あれば無理なく英語で簡単なコミュニケーションがとれるようになる でしょう。

最初の1ヶ月程は、ネイティブスピーカーの英語が早すぎて聞き取れなかったり、話そうと思っても言葉がすぐに出てこないなど、英語で会話をすること自体に慣れるのに案外時間がかかります。

ところが1ヶ月間毎日授業で英語を学び、クラスの外では現地でできた友達と過ごして会話の練習を繰り返し行うと、リスニング力とスピーキング力が一気に上がります。

もちろん、机での学習以外で自分から英語に触れようとする努力をしなければ、3ヶ月留学しても成果はあまりないでしょう。留学期間中はできるだけ英語に触れるような生活送るようにしましょう。

TOEIC・TOEFL対策の英語力

TOEIC・TOEFLのスコアも100点以上アップすることを目指せます。

主な理由として、まずリスニング力の向上が挙げられます。リスニング問題はCDを聞くだけではなかなか上達しません。実際に留学し、ネイティブスピーカーのスピードや発音、会話の流れに慣れることで、試験での聞き取り問題も以前より簡単に感じられるでしょう。

また、語学学校の多くはTOEIC・TOEFLの試験対策の授業を提供しています。TOEIC・TOEFLのスコアをアップさせるには、問題傾向の把握繰り返しの練習がとても重要 です。

TOEIC・TOEFLの受験を考えている方は、3ヶ月間しっかりと試験対策に集中しましょう。

フィリピン英語留学でTOEFLが伸びる!?おすすめの対策校などを紹介!

3ヶ月では身に着けるのが難しい英語力

反対に3ヶ月では身に着けるのが難しいられないものは、大学での論文ディスカッションで使われる高度なアカデミック英語です。

海外の大学に正規生として入学または編入した場合、国際学生向けの特別授業を除き、英語を勉強する授業はありません。英語を使って経済や科学といった分野を勉強するのです。

授業で求められるのは、クラスでのディスカッションプレゼンテーション論文の作成などになります。よって入学した時点で、論文の書き方やプレゼンテーションスキルをすでに持っていないと授業についていけません。

また、大学での授業ではその分野の専門用語も多く使われ、アカデミック英語を勉強した後でも専門用語の多い授業を取ることはとても難しいです。そのため、3ヶ月の留学で日常会話が流暢にできるようになっても、海外の大学進学を目指すには十分ではないと言えます。

大学生の目的別、費用別英語留学をご紹介

短期留学でも英語を上達させるポイント

短期留学で最大限英語を上達させるには、ただ一生懸命勉強するのではなく、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

日本語を使う時間を作らない

語学学校によっては、他にも日本人が大勢いる場合があります。日本語が通じるので友達にはなりやすいですが、その友達と日本語ばかりで話していては英語は上達しません。

日本人の友達とも英語で話すようにするか、日本以外の国の人と友達になったり、ニュースの確認やSNSの使用まで、生活の中で英語にできるところを全部英語にしてしまうのも良いと思います。

日本人が少ない、英語留学先のおすすめ ベスト5

ネイティブスピーカーとの接点を多く持つ

せっかく海外留学に行くのですから、現地の方とも多く交流したいものです。ネイティブスピーカーと接点を作る方法としては、ホームステイをするのも良いでしょう。

寮での生活では、宿泊費が抑えられ、他の国の学生とも知り合うことができるなどのメリットもあります。しかし、英語の上達という目的に焦点を当てると、ホームステイで毎日放課後をネイティブスピーカーに囲まれて過ごす のが最善の選択だとも言えます。

他にもアクティビティに参加したり、休みの日は外に出てたくさんの英語に触れるように行動しましょう。

ホームステイとは?経験者が実話と合わせて語る、ホームステイのメリットとデメリットとは

自分の目的を常に意識する

自分が伸ばしたいと考える英語スキルに順位をつけ、自分が何を重点的に勉強したいのかを明確にして、毎日それを忘れないようにしましょう。

具体的な目的、例えば「TOEICのリスニングセクションで何点以上取る」だとか、「英語での会話力を鍛えて留学の最後に現地でインターンシップに挑戦する」など、留学を通して絶対に実現したいゴールを設定する のです。

それにより、3ヶ月間モチベーションを維持して学習に取り組むことができ、自分の目標を達成するためには何が必要かを考えることで、留学中の過ごし方や友達との付き合い方が変わってくるでしょう。

3ヶ月という期間は、短くもあり長くもあります。途中で留学先での生活になれて中だるみしてしまったり、海外での生活自体に満足してしまって必死な努力をしなくなったりなど、本来の留学目的とはずれた行動を取ってしまう危険性は大いにあるのです。

本気で英語を上達させたかったら、これらのポイントを押さえつつ、3ヶ月間勉強し続けることを目標に取り組んでみましょう。

まとめ

3ヶ月留学ではリスニングとスピーキングの飛躍的な向上が期待でき、日常会話に対応できるレベルを目指すことができます。英語のスキルアップを目的として、短期間で集中的に語学力向上を図りたいという人には、3ヶ月がベストな選択といえるでしょう。

このようにあなたが留学に行く目的、そして留学を通して達成したい事を明確にすることで、留学の期間というものは自ずと決まってきます。

留学の期間で悩んでいる方は、自分の留学への想いを再度確認し、まずは自分が留学で何をしたいのかということから考えてみるのはいかがでしょうか。