【上級者必見】英語学習のススメ

上級者のレベルって?

英語学習における上級者とはどれくらいのレベルかといいますと、英語を会話のツールとして何の苦労もなく使える人のことを指しています。TOEICであれば900点に近い点数をとれる方・英検であれば1級を取得できる方のことです。

ここでは上級者のレベルとして具体的な数字を示しましたが、TOEICで900点や英検1級をとれていたとしても、テスト対策として勉強してきた方でうまく会話ができない方がいるのは事実です。

英語がある程度話せるようになった方でも、ビジネスで英語を使っていきたい方などはよりハイレベルな英語が要求されてくるでしょう。以下では、そういった上級者の方などに向けての勉強法をご紹介します。

ネイティブへの第1歩

英語学習を始めて初級から中級とステップを歩み、上級者となったあなたが次に目指すレベルはネイティブに近いレベルで会話できるようになることです。

この記事を読んでくださっている方は、ある程度英会話を苦労せず話せるようになりたかったり、仕事で使っていけるようになりたい方だと思います。そんな方たちにネイティブへの第一歩を踏み出していただくために、単語・リスニング・スピーキング・会話フレーズという項目に分けて勉強方法やマインドなどを分かりやすく解説していきます。

使える単語を増やそう

まず必要となってくるのは単語数を増やすことです。

母国語の日本語を日々の会話で使っていても知らない単語が出てくることがあると思いますが、私たちはそういった知らない単語を日々使うことで覚えていきます。上級者ともなれば基本的な英単語はマスターしていると思いますが、その覚えている単語は基本的な単語に過ぎず、ネイティブスピーカーと比べると単語数は大きく違うでしょう。例えばビジネスで使う単語や大学の論文などで出てくる単語はこれまでに学習してきた基本的な単語には入っておらず、個別で学習する必要があります。

ネイティブの単語数

まず初めに英語を母国語とする方の単語数は次の通りです。

・小学生 約15000単語

・中学生 約19000単語

・高校生 約22000単語

・成人  約25000単語

英語を母国語にする方はこれくらいの単語数を持っていますが、それに比べてTOEIC900点や英検1級レベルの人の単語数は約10000単語と言われています。ここからわかることはたとえ英検1級を取得していたとしても、英語を母国語にする小学生よりも単語のレベルでは下ということです。

母国語の日本語でも、日々の会話の中で難しい単語など知らない単語に出くわした時はその都度調べて少しずつ記憶していくでしょう。これと同じように、英語が第一言語の国に滞在している上級者レベルであればこの方法も有効と言えます。

しかし、日本に住んでいる方がこの方法で単語数を増やすのは難しいので、単語帳などで少しずつ覚えて単語数を増やしていくしかありません。

そこで上級者の方におすすめの単語帳を以下で、紹介したいと思います。

おすすめの単語帳は「究極の英単語」!

この単語帳は「日本人英語学習者にとっての有用性」「ネイティブスピーカーの使用頻度」を基準として単語を選び出して構成されているため、ネイティブスピーカーに近づく第一歩目の単語帳としては最適なものであると言えます。

単語帳には3000個の単語が掲載されており、より難しい単語については語源学習という単語の成り立ちなどを説明して覚えやすくする工夫もされているのでおすすめの1冊です。

究極の英単語 SVL Vol.4 超上級の3000語 (究極シリーズ)
アルク

ネイティブの会話についていけない?

たとえ単語力や文法などの基礎固めが出来ていたとしても、ネイティブスピーカーの方たちと会話するスピードについていけなかったり、訛りのある英語で聞き取れなかったりする方がいらっしゃるかもしれません。

また、聞き取れてはいるけど会話のテンポが速く聞き取るのに必死で、その会話の輪になかなか入り込めないという方もいらっしゃると思います。

このような悩みを抱えている方がすべきことはリスニング力の強化と言えます。

会話のテンポについていけず発言できない人もリスニング力?と思われるかもしれませんが、こういった方はスムーズに英語を聞き取れるようになり自分の発言を思考する余裕を作る必要があるでしょう。

相手の言葉を認識するスピードを上げる、いわばリスニング力の向上が重要となってくるのです。

リスニング力UP法

ネット上にはリスニング力の向上方法が数多くあげられていますが、一番効果が表れるのは英語をたくさん聞くということに限られます。

英語上級者の方となればある程度英語は聞き取れるようになっていると思うので、英語の映画やドラマ、英語に吹き返された日本のアニメなどをきちんと聞き取れるようになるまで繰り返し聞き続けることがリスニング力を上げるために一番効果的な方法でしょう。また、聞き取れなかった単語や文などをメモしておき、自分がどのような単語を上手く聞き取れているか分析することも大切です。

省略音を意識して聞く

日本人がリスニングで苦労する点と言えばこの省略音です。

1単語として発音しているときは普通に発音されているのに、文にすると前後の単語とつながって発音される場合があります。

このように「省略音を認識できるようにならない」と完璧に英語を聞き取れているとは言えません。ネイティブの方々と話す場合、省略音を意識して聞かないと何を話しているのかわからず、会話についていけなくなってしまいます。

スピーキングはどうしたらいい?

単語数を増やしてリスニング力も上がったところで次に気になってくるのがスピーキング力だと思います。スピーキング力がなければいくらリスニング力や単語力を上げたところで会話のキャッチボールが出来ません。

会話フレーズを覚える

スピーキング力を鍛えるうえで有効な勉強法は、会話のフレーズを覚えることです。

これは、自分自身で文章を考えて話すまでに多くの時間を使ってしまうという方などにおすすめの方法で、会話フレーズをシチュエーションに分けて覚えておくことで会話のテンポを崩すことなく相手と会話することが可能になります。

また、覚えている会話フレーズを応用したりすることでワンパターンにならずに済み、中身のある会話をすることができるのです。

たくさん英語を聞いて話そう

英語上級者がネイティブスピーカーのレベルを目指す場合は、英語に触れる機会を増やしたくさん英語を聞いて話すことが大切だと言えます。

楽しく続けられる方法を見つける

上記で、さまざまな英語に触れることで英語学習上級者はネイティブレベルまで伸びていけるとお話ししましたが、英語に触れる方法は何通りもあります。

この何通りもあるやり方の中に、一番の正解があるとは言えません。どの方法が1番いいということはなく、自分自身にあったやり方を探すということが大切です。

楽しめば話せるようになる

自分自身にあった方法というのは、すなわち自分自身が楽しいと思える学習方法とも言えます。

楽しいと思える方法で学習することで継続して学習することが可能となり、上達スピードも向上すると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は英語学習上級者の学習方法についてを単語数、リスニング、スピーキングとマインドに分けてお話しさせていただきました。あなたに合った学習方法を見つけてネイティブスピーカーレベルを目指しましょう。

この記事を読まれた方の今後の学習に役立てば幸いです。