韓国に英語留学はおすすめ?徹底考察してみた

韓流ドラマやアイドルなどのカルチャーから手軽な旅行先の候補として、日本人にとっては身近な国である韓国。なかなか英語を学ぶ場所としてのイメージはありませんが、実は韓国で英語を学ぶこともできるんです!

ここでは韓国での英語留学について様々な視点から分析していきたいと思います。

韓国とは

皆さん韓国についてはどれくらい知っていますか?

「韓流アイドルやドラマに興味があるから結構知ってる!」という人から「近いけど意外と知らないことだらけかも」という人までさまざまでしょう。

今回は、留学に行くならその前に知っておきたい、韓国についての基礎情報をしっかりおさえていきます。

韓国で使われている言語

皆さんご存知の通り韓国では韓国語を使っており、ハングルと呼ばれる韓国のみで使われている文字を使用しています。

韓国人の英語力についてですが、これは本当にピンキリです。韓国語の訛りの強い人は何を言っているかわからない人もいますが、流暢な人は日本人よりも英語の発音がきれいで、留学経験がなくても英語がペラペラな人もいます。

ここ最近では、子供への英語教育が白熱しており、幼いころから英会話スクールに通わせるケースも増えてきています。

韓国の治安

韓国の治安は全体的に安定しており、外務省の海外安全ホームページを参照してみても、特別気をつけることはないようです。とはいえ、油断は禁物。観光客と分かった瞬間、ぼったくりやスリの対象にされることも少なくありません。

スリに関しては「自分の手荷物から目を離さない」「お金は一か所にまとめない」などの対策をし、また短期留学であっても保険に加入してから留学するようにしましょう。

韓国の経済状況

韓国の通貨はウォンで、レートによっての変化はあるものの、1円=10ウォン程度です。

韓国は新興国として経済発展してきましたが、今や日本を圧倒するほどの先進国といっても過言ではなく、首都のソウルでは物価は日本とそれほど差はありません。ただ、ゴシウォンやワンルーム・ホテルは日本より安価に感じる場合が多いです。

また、食費や交通費は日本よりも安価ですが、それでも日本の価格の2割引き程度です。東南アジアへの留学に比べると安価とは言えませんが、日本とほぼ変わらない生活水準を保ったまま、欧米諸国よりは費用を抑えて留学することができます。

韓国が英語留学におすすめな理由

韓国は他の国と違って英語専用の語学学校が多いわけではなく、韓国人も通うような英会話スクールに通う形になります。そのため、韓国語がある程度話せる人がさらに英語を学ぶ時におすすめなのが韓国での英語留学です。

では、そのような英語留学がなぜ効果的なのか?韓国での英語留学のメリットは何なのか?そんな疑問にお答えしていきます。

留学費用がとにかく安い

格安航空を利用すれば1~2万円ほどで韓国に行くことができ、日本にとっては簡単に渡航できる国のひとつです。

生活費は日本とそれほど変わりませんが、欧米圏で英語留学をするよりはずっと費用は抑えることができ、さらに、ゴシウォンやワンルームでの滞在費は5万円/月ほどとかなりお得です。

また、交通費が安価なのも特徴で、韓国では地下鉄が整っており、ソウル市内であれば200円以内でほぼどこへでも行けます。そのため、留学の合間に1000円ほどで観光地を訪れることもできます。

韓国語や中国語を同時に学べる

韓国での英会話スクールに通うからこそ、契約などは韓国語で行う場合が多く、一緒に講義を受ける学生もほとんど韓国人です。また、韓国の大学に通う外国人学生が英会話スクールに通うケースもあるようですが、外国人の中では中国人が多く通っています。

休憩中など韓国語が飛び交う機会が多いからこそ、より素に近い韓国語を聞くことができます。また、韓国人ばかりの輪に入ることで教科書では知ることのできない表現や、よりネイティブらしい俗語を学ぶこともできます。

韓国留学のデメリット

英語専門の語学学校に通うわけではないからこそ、いくつかのデメリットも生じてきます。デメリットを事前に踏まえて、韓国留学が自分に合っているのかどうかしっかり見定めることが重要になってきます。

英語講師がネイティブではない

ほとんどの場合、英会話スクールの講師は韓国人です。韓国人の生徒も多く、韓国語で英語を教えるため、基本的な韓国語能力がないとそもそも何をしているか理解できないでしょう。さらに、英語の発音も訛りのある人が多いため、ネイティブ講師に比べると英語力は劣るでしょう。

ただ、韓国語を学ぶことができるという点ではメリットと紙一重なので、その点を活かすかどうかは自分次第でしょう。

韓国の部屋は狭い事がある

前述にもあるように、韓国にはゴシウォンとよばれる一人用のアパートのような賃貸部屋があるのですが、これが安価で敷金礼金等もなく手軽に借りられるため、学生を中心に人気の高い滞在方法となっています。

ただ、ホテルよりも安価で、ワンルームほどめんどくさくないというメリットの裏に、かなり狭いというデメリットがあります。

筆者が以前利用したゴシウォンはベットと机とクローゼットがぎゅっとつまっており、なによりスーツケースを広げるスペースもなかったので少し困りました。

狭いというデメリットがあるものの、無料でラーメンやごはん、キムチが揃っているゴシウォンもあるので、1か月を超える留学をする場合にはかなり便利です。

女性は狙われやすいので注意が必要

韓国では日本人女性が人気で狙われやすいという話もありますが、夜遅くに出歩かなければ問題はありません。誘いに乗ってついて行ってしまい性被害に遭う、というものですが、かなりレアなケースです。

人通りの少ない道を避ける、露出しすぎない、という点を守ればトラブルに巻き込まれる確率はぐんと下がるでしょう。

韓国で英語留学するのにおすすめな場所

韓国と一口に言っても、都市によっても様々な特徴があり、留学の特性も大きく異なってきます。今回は、特に韓国での英語留学でおすすめの場所とスクールをあわせて紹介していきます!

ソウル

ソウルの中でも日本人も多く訪れる新村には、PAGODAという英会話スクールとYBMという英会話スクールがあります。

どちらの塾もTOEIC等の試験対策コースや会話中心コースなど多種多様なコースがあり、申し込みの際に自分の目的や頻度などの希望を伝えれば、それに合ったコースをおすすめしてくれます。

韓国人講師かネイティブ講師かも選ぶことができるので、韓国語で英語を学びたい人は韓国人講師を、英語をさらに学びたい人はネイティブ講師を選ぶといいかもしれません。

プサン

九州からなら船で行ける程近い韓国の南部に位置するプサン。日本人にとって人気の観光地でもあります。

そんなプサンにある語学スクールがLexis Korea。2017年に設立されたばかりの新しいスクールで、週に15時間または25時間のマンツーマンもしくはグループレッスンを選ぶことができ、IELTS対策コースも用意されています。

こちらの語学スクールは韓国語を母国語とする生徒が半分程度しかいないので、韓国語ができなくても英語である程度コミュニケーションをとることができるでしょう。

パジュ

ソウルよりもさらに北に行くと、韓国最北端の都市・パジュ市があります。

このパジュ市には「Change up Campus」と呼ばれる英語を学ぶための場所があります。授業棟や宿泊棟から一つの村のようなデザインで統一されており、まるでヨーロッパに訪れたよう。

ここはどちらかというと小さいお子様や中学生の留学に適しており、言語の授業だけではなく、料理や体育の授業を英語で受けることができます。子供を引き付けるさまざまなクラスがあり、1日から1週間のコースで英語で楽しく学習することができます。

まとめ

いかかでしたでしょうか?韓国で韓国語ではなく英語を学ぶとなると特殊な留学スタイルにはなりますが、特徴とメリットデメリットをしっかりおさえておけば、効果的な二言語学習になるでしょう。

今や英語だけ、韓国語だけでは対抗できない時代です。また、韓国が隣の国だからこそ韓国語を使う機会も他言語に比べると豊富にあり、さらにグローバル化が進めば英語が喋れることが当たり前になってきます。韓国留学で英語と韓国語を身に着けて、より活躍できる人材への一歩を踏み出しましょう!