英語留学する前にできるだけ事前準備しよう!

留学前の英語学習はとても重要

「英語を勉強するために留学するのに、どうして事前に英語の勉強が必要なの?」と思う人もいるかもしれません。しかし、事前の勉強は非常に重要です。今からその理由を紹介していきましょう。

英語習得には時間がかかる

留学したとしても、英語力が身に付くまでには時間がかかります。たとえ1年間留学してとしても、ネイティブのように話せるようになるのはほんの一握りです。

英会話ができるレベルになるまでは3ヶ月必要だといわれています。留学して最初の1ヶ月目で英語に慣れ、2ヶ月目で相手の話が理解できるようになり、3ヶ月目で相手の話を理解しつつ自分の意見を言えるようになるのです。

日本で事前に英語の勉強をしておくことで、英語習得が速くなるのはいうまでもないでしょう。せっかく留学に来たのに、そこから単語や文法など、ひとりでもできる勉強していてはもったいないです。単語、文法、発音、音読などの部分はある程度日本でマスターし、現地に着いてからはリスニング力やスピーキング力を鍛えていきましょう。

各試験のスコアと現地での英会話は別

留学前に、TOEFLなどの語学力を証明するテストのスコアを求められることがあります。TOEFLは英語を母国語としない人を対象にした英語力判定テストです。これによって、英語を母国語とする国の学校の授業に、留学生が追いていけるかを判断します。このTOEFLのスコアが入学基準になっている学校も多いです。

しかし、ここで注意が必要となります。TOEFLのスコアが良い、基準に達しているからといって、必ずしも現地で自分の英語が通用するというわけではありません。留学生が学校の授業を理解し、与えられた課題をこなすためには、日々の努力が必要なのです。ペーパーテストで点が取れるのと、日常でしっかりと英語が使えるのは、やはり別の話なのでしょう。だからこそ、わざわざ英語留学をする意味があるともいえます。これはTOEFLに限らず、TOEIC、ケンブリッジ英検、IELTSにもいえることです。

大学留学のためのIELTS対策!試験概要やイギリス、フィリピンの対策校紹介 留学前に必要なTOEICスコアは?留学でのスコア向上の理由も紹介

留学前にすぐにできる準備

留学前に英語を勉強する必要があることは、理解していただけたでしょうか。ここでは英語留学の前にやっておいてほうがいいことを紹介していきます。

地域の外国人サークルに関わる

あなたが日本で英語を耳にするのは、日本に滞在している外国人の近くにいるときだと思います。そこでおすすめするのが、外国人がよくいるところに出向くという方法です。例えば、あなたが住んでいる地域にある外国人が集まるバーに出かけていって、積極的にコミュニケーションを取ってみます。言語交換のMeetupに参加してもいいでしょう。

そこでは生の英語が聞けるため、留学前の良いトレーニングになります。スピーキングの練習にもうってつけです。外国人は比較的フレンドリーな人が多いので、接しやすいと思います。

ポイントは、恥ずかしがらないことです。自分から話しかけましょう。外国人の中には「日本人は英語が苦手」だと思っている人もいて、「日本人には話しかけにくい」という気持ちを抱いている場合があります。下手な英語でも、自分から話しかければ返してくれることが多いので、あなたもチャレンジしてみましょう。

全国の英会話が学べるカフェを紹介!初心者でも大歓迎

ボランティア活動に参加

本格的に留学をする前に、一度海外でボランティア活動をしてみるのもいいでしょう。ボランティア先では、現地の人と英語でコミュニケーションするため、語学力の向上に役立ちます。期間についても、最短1日から始められる場合もあるので、おすすめです。

ボランティアの種類ですが、だいたい以下のように分けられます。

・幼児教育

幼稚園で先生のアシスタントを務めるボランティアです。子どもと一緒に遊んだり、お片づけをします。

・福祉

老人ホームなどでお年寄りの相手をします。その他にも散歩、手紙の代筆、食事の用意、外出のお供など、お手伝いできることが多いです。

・アニマルケア

動物園で小屋の掃除やエサの運搬などを行います。体力的にはハードなボランティアです。

・ショップ

食料品店などで商品の陳列、ディスプレイ、ラッピング、袋詰めなどを手伝います。

あなたに合ったボランティアを見つけて、チャレンジしてみましょう。

英語を使うアルバイトを始める

英語を使う機会が多いアルバイトをするのもひとつの手です。都市部や観光地のレストラン、アパレルショップでは外国人と接する機会も多く、語学力が活かせます。現在の自分の語学力に自信が無くても、マニュアルが用意されているところ多いため、安心できます。また全てのお客さんが外国人ではないため、少しずつ慣れていくことも可能です。だんだん外国人客と会話ができるようになると、それが自信になってくるでしょう。

英語塾やホテルでのアルバイトもおすすめです。塾講師のアルバイトは時給の良いところが多いため、自分の好きなことを教えながら効率よくお金も稼げます。外国人がよく泊まるホテルでのアルバイトは、アパレル関連と比べて会話する時間が長いため、英語力がより身に付きやすいです。幅広い英会話力が求められているので、これから語学留学をしようと思っている人にはうってつけでしょう。近年では日本にやってくる外国人の数も増えてきているので、ますます需要が高くなります。

留学前に通うおすすめ英会話学校はこちら

留学前に英会話教室に通うのもひとつの手段でしょう。ここでは留学前に適している英会話教室をいくつか紹介します。

イーオン

イーオンでは「着実に英会話力をつける」授業を行っています。日本人はよく「ラクして英語が話せるようになる」といった謳い文句に飛びつきがちです。イーオンでは「自己練習」と「レッスン」を繰り返すことで、着実に進歩できるようなカリキュラムになっています。

またイーオンでは日本人教師のレッスンも受けられるのも特徴です。英会話教室では「完全に外国人講師のみ」と謳っているところがあります。それに対しイーオンは、最初は日本語しか話せなかったけど次第に英会話ができるようになった日本人が先生になることで、生徒に対してきめ細やかなサポートができるという考えを持っているのです。

それ加えて、マンツーマンの授業だけでなく、複数人のグループレッスンも用意されています。これは「相手がいつも自分の話を聞いてくれるとは限らない」という実践的な考えに基づいているからです。

ECC

ECCには創業から50年以上培い続けたノウハウ・メソッドがあります。外国人講師と日本人講師の組み合わせで、あなたの主体性とやる気を引き出してくれるでしょう。個別カウンセリングも充実しており、サポート面もばっちりです。海外留学サポートもあるのは良いですね。日本人が苦手とする「自分から発信する力」を養うELICITメソッドが魅力です。

NOVA

NOVAの特徴は充実した留学事業があることです。語学留学を始め、ワーキングホリデー、ホームステイまで幅広く対応しています。語学留学では、各国の語学学校と提携を結んでおり、生徒ひとりひとりに合った学校を提案可能です。

レッスン面での特徴は「続けやすさ」になるでしょう。講師は全員外国人という「駅前留学」。それを月謝1万円で受けられるコースもあります。こういった料金の安心設定のほかにも、全国どこの校舎ででもレッスンを受けられる「どこでも留学」など柔軟性のあるサービスが魅力です。

またオンラインレッスンの制度も整っており、家にいながら英会話の勉強をすることができます。PC・タブレットでの受講も可能です。子ども向けのコースもあり、幼いころから外国人の生の発音を学ぶことができます。こちらも低料金設定で安心です。フォニックス学習をメインにしたカリキュラムで、楽しさだけでなく英会話上達にもこだわっています。

GABA

GABAはマンツーマン専門の英会話教室です。レッスン日時や講師、コースを自由に選べます。レッスンを受けられる時間帯は7~22時までと融通が効くため、受講生から好評です。講師は出身国が世界50カ国を超える多様さ、採用率2%の難関を乗り越えてきた品質の高さ、そしてその講師を毎回好きなように選べる自由さが魅力的です。コースに関しても初心者用から、ビジネス、学生、シニアなど幅広いコースが用意されています。
「質の高いマンツーマンレッスン」と「柔軟性」が人気の理由です。

まとめ

英語留学をする前には、事前に英語の勉強をする必要があります。勉強といっても机にしがみつくだけでなく、外国人があつまる場所に行ってみたり、海外でボランティアをしてみたり、英語を使う機会のあるアルバイトをやってみたりと、いろんな方法があるとわかっていただけたと思います。

英会話教室に通って準備するのもおすすめです。それぞれの教室には特徴があるので、あなたに合ったところを選んでくださいね。

語学留学に行く機会は、ほとんどの人にとって人生の中で1回あるかないかでしょう。後悔しない留学にするためにも、しっかりと準備をして臨んでください。あなたの留学が成功することを願っています。