国内英語留学とは?メリット・デメリットや種類などを徹底解説

国内で英語留学?

最近すこしずつ注目を浴びて来ている国内英語留学ですが、どういうものだかわかりにくいのではないでしょうか。国内英語留学とは、海外に行かなくとも国内で英語オンリーの環境を作り出し、英語力の短期向上を目指すプログラムのことです。

国内英語留学の形態には、主に次のタイプがあります。
・日本に住む外国人のお宅でのホームステイタイプ
・英会話スクールでの英語漬け生活をする短期集中型タイプ
・日帰りで英語留学を体験できるお手軽なタイプ

国内留学のメリットとデメリット

時間やお金をたくさん掛けなくとも、国内で気軽に英語留学できることが分かりました。では実際、国内留学にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。国内留学だからこその利点や、国内留学の弱点について探っていきます。

国内留学:メリット

国内での英語留学のメリットを、順を追って説明します。

まず大前提として国内英語留学は、普通の海外留学と同じように、英語漬けの生活をできるようにプログラムが組まれています。国内での英語留学は、英語漬けを存分に体験できることに加え、さらに次のようなメリットがあります。

いちばん大きなメリットは、費用が海外留学より格安だということです。国内留学先が自宅から近ければ交通費があまりかからないため、海外に出るより圧倒的に安い価格で気軽に留学体験をすることができるでしょう。

次に、国内留学ならば、短期間で気軽にチャレンジできるというメリットがあるのです。海外留学に行くには移動時間がたくさんかかり、まとまった時間がないと挑戦することが難しくなります。それに比較して国内留学なら、短期間のプログラムがたくさんそろっているのです。例えば最短なら日帰りで国内留学を体験でき、定期的に国内留学に参加することもできてしまいます。なかなかまとまった時間を取れない社会人でも、短期間の国内留学に定期的に通いながら英語を習得することができるのは大きな魅力です。

さらに国内留学なら、基本的には海外での留学より安全でしょう。極度に治安の悪い場所もないし、留学先で何らかのトラブルが起こったとしても日本語で解決することができるという安心感があります。海外生活に不安を感じるけれど英語漬けを体験したいという方には、国内英語留学というのは最適の選択肢ではないでしょうか。

もう一点、国内留学ならではのメリットですが、外国人講師が日本の生活や日本文化をよく理解しているということが挙げられます。日本で暮らす外国人なので日本の生活になじみが深く、共通の話題も豊富にありますし、また日本人の話す英語を聞き取る力も優れている場合が多いのです。英語に不慣れだけれど留学を体験してみたい方にとっては、国内留学は安心して参加できる貴重な選択肢となるでしょう。

英語留学する前にできるだけ事前準備しよう! 全国の英会話が学べるカフェを紹介!初心者でも大歓迎

国内留学:デメリット

デメリットとしては、次のようなものがあります。

国内で英語留学できる施設はまだあまり多くはありません。そのため、お住まいの近くで国内留学を体験できない方がたくさんいるのが実情です。国内とはいえ、時間と交通費をかけないと留学できない場合も多くなっています。

また、国内英語留学では、自分でも徹底的に意識していないと「英語漬け」をやり遂げられないところがデメリットです。国内留学参加者のほとんどは日本語を使うことのできる人ばかりなので、英語がスムーズに出てこないときに、ついつい日本語で話をしてしまいがちになります。日本語が通じるとわかっていながらすべて英語で話しとおすのは、意外と簡単ではありません。

海外留学では「英語で話さないと何も伝わらない。ここで生きていけない。」という切迫感を味わうことで、より真剣に英語に取り組むことができます。しかし国内留学では、英語ができなくともそこまで窮地に追い込まれることがありません。英語が分からなくても気軽に参加できる反面、英語ができずに追い込まれるという経験をできないという点は国内留学のデメリットです。

国内留学のタイプは?

国内英語留学について、メリットやデメリットをお伝えしました。海外に出ると時間もお金もかかりますが、国内留学なら短期間・格安で、英語留学と同じような英語漬けを気楽に体験できそうです。

それでは、国内留学にはどのようなタイプのものがあるのか、具体的に確認していきましょう。ホームステイタイプ、日帰りお手軽タイプ、そして短期集中型タイプそれぞれについて、ひとつずつ確認しましょう。

国内留学:ホームステイタイプ

まずはじめに、ホームステイタイプの国内留学について説明します。ホームステイタイプは、日本に住んでいる外国人のお宅にお世話になり、日常の交流を通して英会話を学習するスタイルです。学校の授業とは違い、生活の中で実際に英語を使う体験ができるので、英語をより身近に感じるでしょう。

ホームステイタイプは子どもを対象にしているプランが多く、保護者同伴ならば0歳児から受け付けているところもあります。会社により違いがありますが、大人の付き添いなしでホームステイを受け付けてもらえるのは、小学生以上というところが多いようです。もちろん成人向けのプランもあります。

ホームステイ型国内留学は、短ければ日帰りから、長くても3泊から4泊程度のプランが主流で、短期間のお試し英語漬け体験にはピッタリでしょう。

ホームステイでは実際に外国人家族のお家にお邪魔して寝食を共にするので、英語漬けを体験できることは間違いありません。生きた英語を浴び続けることができるだけでなく、外国人の生活・文化を肌で感じることができる点や、ホストファミリーとの交流がかけがえのないものとして心に残っているという体験談もたくさんありました。

国内留学:日帰りお手軽タイプ

日帰りで国内英語留学を体験できるプランには、大きく分けて2種類あります。

まず1つめは、ホームステイ型国内留学の、日帰りプランです。外国人のお宅を訪ね、交流を通して英語や異文化を学べる、宿泊なしのプランとなります。英会話学校の授業では体験できないような、日常英会話をリアルに使える貴重な場となるでしょう。

2つめは、英会話学校などで行う1日英語漬けプログラムです。通常、英会話学校の授業は1時間程度のところが多いのですが、日帰り留学プランでは学校により差がありますが、多くの学校は午前午後を通して全ての授業を英語オンリーで行います。

学ぶ内容は学校によって様々で、文法や発音、リスニングなどの一般的な授業を行うところもあれば、ディスカッションやスピーチ、プレゼンテーションなどよりハイレベルな学習を行うプランもあるようです。個性的な学校では、日本語を話すたびに罰金を取り、徹底的に日本語を排除するような工夫をしているところもあります。

ホームステイとは?経験者が実話と合わせて語る、ホームステイのメリットとデメリットとは

国内留学:短期集中型タイプ

短期集中型の英会話合宿プログラムも、国内留学のひとつの形態です。このタイプは、ある一定期間宿泊施設に滞在し、英語力向上を目指したプログラムに参加します。

短期集中型の英会話合宿では、学習内容は会社によって様々ですが、多くのプログラムでは最初に英語力のレベルチェックテストを行いクラス分けがされるようです。その後オリエンテーションがあり、学校ごとに独自のレッスンが繰り広げられます。ランチやディナーも英語を学ぶ貴重な時間として、積極的に講師やクラスメイトと英語で会話すると効果的でしょう。学校によっては、ゲームやスポーツなどのアクティビティを取り入れているところもあります。

合宿の期間は学校により様々ですが、1泊2日から2週間が標準です。対象者としては、学生から社会人、シニアまで幅広く募集しています。

短期集中型の英会話合宿プログラムのメリットとしては、英語漬けの生活にどっぷりつかれること、英語を話すことへの抵抗を取り除くことができること、英語をアウトプットする力を身に付けることができること、さらには自分と同じように英語を学ぶ仲間と出会えることなどです。

英語のレベルも超初心者から上級者まですべての学習者に向けたプログラムが展開されているので、興味がある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

国内留学はどのくらいの期間?

国内留学の期間は、実際どのくらいになるのでしょうか。

日本にお住いの外国人宅でお世話になるホームステイタイプなら、日帰りから4泊くらいまでのプランがあります。短期集中型の英会話合宿タイプなら、日帰りから2週間くらいが一般的です。

1日からでも気軽に国内留学を試すことができるので、忙しい社会人でもご自身の時間に合わせてチャレンジすることがでしょう。

まとめ

「英語を勉強するために海外留学したいけど、時間もないしお金も足りない!」「海外留学したいけど、不安だらけで決心できない!」といった方へ向けて、国内でできる英語留学についてご紹介しました。

海外留学のいちばんの魅力である「英語漬け」の環境を作り出せるなら、国内留学でも海外にいくのと同等の効果を期待することができそうですね。さらに、国内だからこそ「短期間」で「安い費用」で留学を「何度でも」経験することができるという利点もあります。留学は海外、という固定概念はもう必要のない時代なのです。

英語学習の1つの選択肢として、ホームステイや英会話合宿などの国内留学を、ぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。